日本の放牧


1.放牧の歴史

1)古代御牧

  日本の古代御牧 勅旨牧
  勅旨牧小野牧
  北巨摩の古代御牧

  中国山地の放牧

2)隠岐の牧畑

  牧畑の伝統に基づく和牛放牧 −島根県隠岐郡西ノ島町− (畜産の情報,2003.9)
  究極のLISA型畜産を訪ねて−隠岐の和牛放牧−
  牧畑と運河のある町
   牧畑 西之島最後の牧司 藤谷一夫さん 牧畑の成立を思う  隠岐牧畑シンポジウム(2006)
   離島の自給自足の生活の知恵として農耕、運搬用に牛馬が飼われたのが放畑の始まりと考えるのが自然だと思うが、
   放牧管理の責任者を軍馬を飼う官僚の責任者であった「牧司」さんと今も呼ばれているのが微笑ましい。

 

3. 放牧と酪農・林業・地域おこし

  神津牧場 放牧酪農発祥の地(群馬県)
  モーモー育林・宮崎
  くずまき高原牧場(岩手県)



4.リンク

日本草地畜産種子協会
畜産の情報/ 農畜産業振興事業団
シバ草地短期造成法(高知県)
ケンタッキーブルーグラスで省力放牧  北海道農業研究センター
岡山理科大学植物生態研究室(波田研)
土木図書館目録・書籍検索/ 土木学会
猶原恭爾で検索。文字化けしたら表示-->エンコード-->日本語

夢見る森林ジャーナリスト 田中淳夫の仕事館

戻る